人気ブログランキング |
<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2007年ワラサ~初島沖
 先週の土曜日、2週連続で釣りに出かけてきました。今回は「ワラサ」出世魚であるブリの前の魚です。午前2時に静岡市内のいつものメンバーを乗せ一路伊東市宇佐美に向かいました。集合は4:30なので余裕はありましたが、途中なにがあるか解らないので東名高速で現地に向かいました。ところが結構混んでいる、80km程度の走行でこれなら国一と変わらないのでは???といった感じでした。途中コンビニにより朝食を調達し港に先に付いていた仲間と合流しました。去年のワラサの時の船は3tほどで櫓を舵にしたかなり小さな舟で・・・今回も???っと不安もありましたが、5tのまあまあの大きさの船でまずは「ほっ」。早速他の釣り客と共に荷物を積み込んで出航しました。今回乗り込んだのは一番船尾「トモ」です。
a0075876_1826974.jpg初島沖北東約1kmの現地にはすでに20隻ほどの釣り船が集まり6時の釣り始めを待っていました。前日の午前はあまり食いが良くないらしく、仕掛けのハリスは8号とのこと。大物狙いで仕込んできた12号のハリスはお預けです。明け方が一番食いが良いこの時間の最初が肝心。6時になり「始めて」の声で一斉に仕掛けを投入していきます。海底についてから2mほど巻き上げコマセを3mの間に振り5m(海底より10m)でワラサが引くのを待ちます。船長の「反応あるよ~」とスピカーから声が聞こえましたが、なにも引きがない・・・廻りの船でも同じ状況の様です。あれ~反応あるのにおかしいな~と船長がいっても当たりはない。1分強まってから上げてみましたが餌はそのまま。また今日もダメか???数回のアタックでしたが船中だれも引きが無い状態で船の位置を換えてもう一度アタック・・・すると船首「ミヨシ」からツン~ヅボー、ツンヅボーっと掛かって行きました。「よし~来い~」っと思ったのですがミヨシから2人だけでその後ろの人はなにも引きがない。ましてやトモの自分などなんの当たりもないままでした。結局5時間のアタックでしたが、ミヨシの5人は頭4匹でしたが、トモの3人は・・・「屏風に上手に絵を描くことができました。(・_。)ズリッ」今回は外道のソウダもなしの全く凄い「屏風絵」が完成!!!徹夜と疲れがどっとでてきました。
a0075876_18495743.jpg12時過ぎに港に戻り疲れと気落ちの中道具を車に積み込んでいると、サッシ屋の師匠の知り合いが前日に(この人は前日とこの日の午後も釣り)釣ったワラサを港で捌いてくれました。近くのスーパーでチラシ寿司を買いその上に捌いたワラサをどっさりと載せて「究極の海鮮丼」の完成。脂はあまりのっていませんでしたが、新鮮な海鮮丼は最高~疲れも少し取れました。
a0075876_18545075.jpgさらに3.5KG強のワラサを一本お土産に頂き、帰路につきました。帰りの車中では反省会、トモが悪いのか?腕が悪いのか?両方???一つ言えたのはミヨシから4人並びその間を開けてトモに自分が乗り込んだこと。コマセの層も途中切れていたと思われきっとその部分でワラサは方向を変えたのでは???まーこの日の午前は他の船も同じ状態だったようで食いが悪いのではしょうがない・・・っと言い訳っぽく思ってますが、釣る人は釣るんですよね。やっぱり腕・・・今後の良い勉強になりました。
by marumi_factory | 2007-09-25 19:00 | 釣り
タチ釣り
 9/15にいつもの建築士仲間とタチ釣りに行ってきました。例年は8月には釣れるのですが、今年は今月になってやっと釣れ出しました。午前0時に用宗校近くのコンビニに集合でしたが、早めの11時30分に到着するとすでに2人が集まっていました。今年最初のタチ釣りにみんな話が盛り上がっています。6人の仲間が集合したところで用宗港に向かい他の釣り客と一緒に乗り込み出航。吉田沖を目指しました。
a0075876_1136890.jpg釣り始めの2時には周囲には同じタチ釣りの船が30隻ほど集まっています。準備が出来たところで釣りの開始。今回はいろいろな仕掛けを用意して望みましたが、全然あたりがありません。それでも粘り強く棚を変えて誘っていると「コツ」っと最初のあたりが・・・タチは餌をうまく食べることが出来ないので1回の引きでは釣れないので何度か待って合わせるのですが、2回のあたりのあとは数分待っても全く反応無し・・・。あれ?っと思い仕掛けを揚げてみると餌を半分食べて残っていました。今日はだめか???と思っていたときにとなりの仲間が一匹目をゲット。今日は何もしないで置き竿がよさそうです。気を取り直し再度仕掛けを下ろし指示棚より下から2m程度巻き上げながらあたりを待ちます。「コツ」・・・やっときた、今度は新調に粘り強く待ちます。「コツ」「コツ」っと三回目でリールを「ギューン」と巻きました。「ツンツン~」やっと掛かりました。今年最初のタチ。電動リールを中速で巻き上げてタチを取り込みましたがこれが小さい指2.5本ほど・・・しかも餌を半分しか食べていない状態でした。今日はかなりしんどい釣りになりそうです。横にいたサッシ屋の師匠はまだ一匹も釣れていません。場所を移して再度挑戦、隣の仲間は結構調子よく釣っています。例年の合わせとはタイミングが違います。それでも根気よくやっているとなんとか釣れ出しました。深めの方が大きいタチがいることが多いので深めを狙っていましたがかなり上の層で仲間が大物をゲットしていて、今回は全く調子がでないままでした。
a0075876_11525318.jpg途中仕掛けを上げて観ると細長い顔のタチとは違うシルエットの魚が・・・なんだ???上げてみると丸い顔の「トラフグ」でした。その後はフグの福か¥¥¥やっと釣れ出しましたが、今回の釣果は指2.5~4.5本が計23本とトラフグ一匹でした。残念~
a0075876_11571827.jpg帰ってきてその日は住まい博に行かなければなりませんでしたので、次の日に刺身・煮物・焼きもので食べました。例年よりも小振りなこともありますが、あまり脂がのっていませんでした。さて、トラフグですが、トラフグ専門店に引き取って貰いました。今週末にまたワラサを釣りに行こうとサッシ屋の師匠が行っているのですが、2週連続は・・・
by marumi_factory | 2007-09-18 12:01 | 釣り
2007年学生建築デザイン合同展~住まい博会場

a0075876_11135083.jpg 毎年建築士会青年委員会主催で開催している静岡県内の建築デザイン系の学校を集めた「学生建築デザイン合同展」ですが、今年はツインメッセで開催している住まい博の中で開催しました。各校の展示スペースは前回までは300㎡ほどありましたが、今年はブースの関係から50㎡と縮小しましたが、住まい博の入場者は3万人に近い数がありますので以前より多くの方に学生の日頃建築やデザインを学んでいる成果を観ていただいたと思います。

a0075876_11152590.jpgまた前回は学生と青年建築士とのワークショップを行っていましたが、今年は住まい博の中で一般の入場者を対象としたイベントを行うということから「バーチャルタウンにお家を建てよう」と題して架空の街に分譲地を造りお子さんに積み木を組み合わせて家を造って貰いました。子ども達の考え方は大人の考えとは全く違い、屋根用に用意した三角形の積み木を壁や塀などに使ったり、また
a0075876_112487.jpg色の塗り方もカラフルなものが完成しました。全148区画は最終日の午前中にすべて埋まってしまい大変好評で終了しました。残念だったのは学生との交流が少なかったこと。来年以降はこの点を変更していく必要があります。
by marumi_factory | 2007-09-18 11:25 | 建築士会
「超」東海地震
 国が想定する東海地震の約三倍の地殻変動をもたらす「超」東海地震が1000年周期で起きていたことが解ったそうである。「超」東海地震???中川翔子風なら「ギザ」東海地震とでも呼ぶのか・・・。浜岡原発の近くでボーリング調査を行い、そのデータから8000年以上前から100~200年周期で東海地震が起きており、それとは別に4800年前、3800~4000年前、2400年前とその後もう一度、1000年の周期で、ギザ級の東海地震が起きており次の東海地震はその「ギザ級」のおそれがあるとのこと。想定される東海地震の規模はM8-震動7以上、その3倍の地震とはどんなものだろう~。
a0075876_146273.jpgそんな規模の地震が来たらもう皆だめだろう~耐震補強してもだめだろう~っと思われる方もいるかもしれない。しかしなにもしなければ確実に被害を受ける。それを少しでも減らす、減災という考えから耐震補強は考えられている。何もしなければ建物は倒壊するおそれがある。補強すれば傾くかもしれないが、倒壊は免れるようにすることはできる。それは命を守ることになる。自分だけではなく家族の命を守ることになる。旧耐震基準の昭和56年5月31日以前のお宅もそうですが、その後に  写真は実際の大きさで建てられた    建てられた建物でも図面とは違う施工がされていることがあ  住宅の震動実験で右側がなにも    ります。もう一度耐震について考えてみてください。        しなかった建物1回目の震動で                                           倒壊した。

 耐震補強についてはまるみ建築工房一級建築士事務所にお気軽にご相談ください。
           静岡市葵区新間954-3
            TEL054-276-2281
         まるみ建築工房一級建築士事務所HP            
by marumi_factory | 2007-09-04 14:24 | まるみ建築通信
2級建築士製図試験の講習会
 土曜日に9/16に行われる2級建築士の製図試験の講習会を(社)静岡県建築士会静岡支部の事業委員会にて行いました。今年の課題は「喫茶店併用住宅」です。
a0075876_1114076.jpgまずは建築士会の伊藤さんが講師となりエスキスと呼ばれる平面計画のポイントや図面の早い描き方を説明しました。その間に私達補助講師は、受験生が持ってきた練習図面のチェックを進めました。試験では4時間半の時間内で決められた条件の設計をして、それを図面に描く試験です。最近の図面はパソコンを使ったCADが殆どですので実際の仕事でもなかなか手描きは無くなりました。参加した受験生も普段はCADで作業しているようですが、試験のために練習を重ねかなり描き込んでいるようで時間内で図面を仕上げていました。線の強弱の表現はまだまだですが、まずは試験に受かるために図面を完成させることが重要になりますので、その辺は・・・置いておきましょう。最近の試験では木造の伏図と呼ばれる柱や梁の掛け方の図面の要求があるようです。中には大工さんもいてその辺はお手の物っといった感じの方もいましたが、説明してもなかなかピンっと来ない方もいました。これも何度も練習を重ねとりあえず覚えてしまうしかないですね。※梁の成はL/12+αとしてしまうのが良いでしょう。Lはスパンでαは柱や梁が掛かってきたら+30mmずつ足していく、たとえばスパンが3640ならば3600/12=300で柱が一本載ってきたら330という感じです。
 さて9/16の試験には私はまた試験官として会場に行く予定となっています。受験生の皆さんあと2週間・・・ラストスパートです。

           まるみ建築工房一級建築士事務所HPサイト
by marumi_factory | 2007-09-03 11:14 | 建築士会




まるみバナー
リンク
アースマラソン応援バナー
検索
免震住宅の設計対応
IAU・THK免震システムの設計対応の設計事務所です。大手ハウスメーカーでも導入されている免震住宅を自由設計で設置できます。
耐震診断・耐震補強も行っています。
まるみ建築工房HPサイト
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧